競馬というギャンブルでお金を賭ける事だけが、競馬の楽しみではないという事について書いています。

私の好きなギャンブル 競馬には夢がある!

私の好きなギャンブル 競馬には夢がある!

競馬というギャンブルの楽しみ

競馬はギャンブルです。賭け事なのですが、競馬の楽しみはそれだけではありません。お金を賭けて儲けるのが、楽しくないとはいいません。ですが、競馬の魅力がそれだけに限定されるのは不本意です。ではそのお金を賭けて儲ける以外の楽しみとは何かと言われれば、馬の追っかけです。追っかけなんていうと、なんだかアイドルの追っかけなんかを想像してしまうのですが、なんとなく追っかけという言葉が、一番合っていると感じたので、そう書きます。それで、馬の追っかけというのがどういうことかというと簡単に言えば、お気に入りの馬が出るレースをチェックして競馬場に足繁く通い、その馬がパドックを歩むその時のために用意した垂れ幕で応援して、その馬の勝ち負けに一喜一憂するのです。(もちろん馬券も単勝で買います。)デビュー前から情報をチェックして、血統や容姿等、諸々の情報から追っかける馬を選ぶのです。できれば、その馬が走る競馬場には直接足を運びます。地方でも走るので、場合によっては新潟や福島、九州の小倉等にもいくことがあります。最近は忙しいので、京都競馬場の巨大なスクリーンでの応援になってしまう事もあります。もちろん追っかけている馬が必ずしも勝つとは限りません。むしろ負ける事の方が多いでしょう。毎年、ものすごい数の馬がデビューしているので、サラブレット達は生まれたときから大変な未来を背負わされています。それでも私たち競馬ファンは競馬に夢を見ます。サラブレットは経済動物です。生産している方にすれば、愛着はあるでしょうが、飯の種である事も事実で、ときには厳しい現実に突き当たり、シビアな決断をされている事でしょう。それも承知で私は競馬は楽しいと思います。競馬嫌いな方から「競馬はたくさんの馬の犠牲の上になりたっている」といった事を言われた事があります。まさに先に記した事を他人から言われて、言葉に窮した事もあります。そのとき私は「だから真剣に楽しんでいるんです。」と答えました。

競馬はここまで書いたような楽しみ方もあります。ギャンブルには勝ち負けがあります。ギャンブルを見るということは、物事には勝ち負けがあるという現実を見つめる事だと私は思います。ですが、賭けるだけでなく馬を追っかけて応援する中で、私は勝ち負けがある厳しい世界だけれど、懸命に走る馬とその相棒を務める騎手の姿に勝ち負けだけを楽しみにするのでは、あまりにも殺伐とした世界になるじゃないかと、思うのです。賭ける事も楽しいのですが、それだけでない楽しみが競馬にはあると思います。

Copyright (C)2017私の好きなギャンブル 競馬には夢がある!.All rights reserved.